つみきブロック

主に艦これに関する記事になります。

【戦果】まるゆ掘り4-5周回 〜迫撃砲を添えて〜

f:id:Tsu_miki:20191012034037p:plain

まるゆ掘りを兼ねたEO海域4-5『カレー洋リランカ島沖』の周回編成です。

今回はネルソンを使わず、空母3隻を起用することで被害を抑えつつ周回できます。また、初戦の潜水艦マスでの撤退や敗北対策も考慮して、二式12cm迫撃砲改 集中配備を積んだ駆逐艦入りの構成です。

 

編成

f:id:Tsu_miki:20191013223418p:plain

改装航空戦艦1正規空母3航巡1駆逐1

高速+統一のため要補強増設。制空値425

制空値はボスマスでの制空権確保ライン*1を狙うため、出撃時425~430を目安にする。

敵の編成は潜水→通常→ボス(港湾棲姫)の全3戦のため、燃料弾薬ペナルティは一切ない。ただし対潜・対艦・対地をそれぞれ考える必要があるため、装備構成は中々難しい。

 

駆逐

f:id:Tsu_miki:20191013223247p:plain

対潜・対地枠。試験運用も兼ねた今回の主役。

4スロットのタシュケントを採用。4スロットなら軽巡でも可。ただし先制対潜はできるようにしたい。

今回のコンセプトである二式12cm迫撃砲改 集中配備を装備した構成。ソナー+迫撃砲集中配備+WGによって潜水マスとボスマスを対策可能となっている。初戦での撤退および敗北をなくし、ボスである港湾棲姫に対してそれなりに高い対地火力がある。

f:id:Tsu_miki:20191013214402g:plain

生存性能に不安がある場合は、1-5や7-1で1回キラ付けをすれば、初戦の潜水マスで必ずMVPが取れる関係上7〜8周程度キラが保つので回避上昇に期待できる。

 

航巡

f:id:Tsu_miki:20191013223201p:plain

港湾棲姫を倒し損ねた時の切り札。重巡でも問題ないがZaraPolaを使う場合は射程長に注意。大正義三式弾連撃でS勝利を確実にする、周回の影の功労者。

 

改装航空戦艦

f:id:Tsu_miki:20191013223032p:plain

対潜・対艦・対地を一人でこなすこの艦隊のエース枠。

高速+によって3スロットしか使えない関係上、伊勢改二よりも対潜能力を備えている日向改二の方が向いている。

瑞雲を搭載することでソフトスキンである港湾棲姫に対して1.2倍の補正がかかるため対地火力としては十分。弾着観測射撃も可能なのでフラル改含め昼夜問わず対処可能。制空値がかなりギリギリのため、瑞雲改二(六三四空/熟練)の制空力も馬鹿にならない。

 

正規空母
f:id:Tsu_miki:20191013223216p:plain
f:id:Tsu_miki:20191013223217p:plain
f:id:Tsu_miki:20191013223218p:plain

今回は周回編成なので燃費を意識した選定になっている。今月は雲龍型姉妹と赤城改二を使用。

雲龍型は4スロ目が3機しか載らないため、3スロしか使えなくても比較的影響が少ない。そういった意味では二航戦も優秀。

赤城改二は言うまでもなくスロット数とバランスの良い搭載数が優秀。改二戊だと1・2スロ目の16機が若干心配。

ただ、ここは夜間空母を上手く運用できる海域*2でもある。その場合は旗艦にして中破を防ぐと安定しやすい。

艦爆に関しては対地艦爆を1隻か2隻持たせると昼Sも狙うことができる。試製南山星一二型(六三四空/三号爆弾搭載機)あたりがおススメ。

ボーキ節約を考えるなら彗星(江草隊)もアリ。

 

この周回編成の特徴と欠点

 

この編成での特徴は3つ。

1.燃料と弾薬の消費が軽い。

戦艦空母を合わせて4隻使っている割には1周の燃料弾薬は150~200程度と比較的軽い。雲龍型を使ってるというのもあるが、ボスマスで昼Sが取れると弾薬消費はさらに減る。

f:id:Tsu_miki:20191013222825p:plain

 

2.周回速度が早い。

道中2戦しかないため、1周4〜5分で周回できる。しかもそのうち片方は対潜なので戦闘時間はかなり短い。

また空母を3隻使用しているので、開幕航空戦が刺されば砲撃戦の短縮にも繋がるし、ボスマスでの昼戦S勝利も狙える。

f:id:Tsu_miki:20191012034003p:plain

 

3.まるゆが狙える。

まるゆがドロップする数少ない海域。確率も2%弱と現実的なライン。まるゆの他には三隈や朝霜清霜などのレア駆逐も入手できる。

f:id:Tsu_miki:20191012034145p:plain

 

欠点は2つ。

1.難易度は高め。

EO海域というのもあって、要求される装備(缶・タービン)や増設の必要性、敵の編成など色々と難易度が高い。ここをメインにガッツリ戦果を稼ぐというよりも、まるゆを掘るついでに戦果も稼げるといったスタンスの方が精神的に良い。

 

2.ボーキ消費は重い。

空母を多く使う宿命でもあるが、2戦目のツ級次第でボーキ消費はかなりブレる。軽い時は100程度で済むが、運が悪いと200を超えてくる。

7-1や5-4と併用してボーキ消費を緩和しながら戦果を稼ぐ必要がある。

 

4-5はネルソンを使った周回もあるが、今回は敢えて使っていないので、上のネルソン入り5-4周回と併用が可能。

 

感想

戦艦から駆逐までどの艦種も活躍できて中々楽しい周回になった。

特に今回の編成の軸となったタシュケントは思った以上にWG+迫撃砲集中配備の対地火力が高く、昼戦の単発ダメージが熊野より高いこともしばしば。

後はまるゆさえ沢山入手できれば言うことなしといった所。

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

*1:ボスマスの制空値は138のため、制空権確保には414以上必要

*2:まるゆ掘りも兼ねてボスマスでS勝利を狙うため、港湾棲姫にもダメージが期待できる夜間航空攻撃は非常に役立つ