つみきブロック

主に艦これに関する記事になります。

【戦果・Z作戦後段】5-5雷巡入り攻略編成(※9月17日追記)

 

f:id:Tsu_miki:20190809223215p:plain

俺の勝ち!

なんで負けたか、来月までに考えといてください。

 

今回は5-5の雷巡入り攻略編成です。

雷巡を入れて対潜要員として使用しているのが特徴。毎月大体10回かからずにゲージ破壊できている。ゲージ破壊前でも破壊後でもS勝利を狙うことが可能。

編成

f:id:Tsu_miki:20190809235100p:image

戦艦2空母2航巡1雷巡1 制空値は408

砲撃戦を意識して旗艦から順に

Nelson-空母-武蔵-雷巡-航巡-空母

の並び。

ネルソンタッチはゲージ破壊前はボス前で、ゲージ破壊後はボスマスで使用。

 

雷巡

f:id:Tsu_miki:20190809222547p:plain

今回の肝となる艦。

四ソ+15爆雷+甲標的(+増設機銃)

役割としては主に3つ。

1. 道中潜水艦マスの対策(敗北回避)

滅多に起こらないが初戦の潜水艦マスでの事故を防ぎつつ、D敗北を回避。カスダメを受けない目的でもある。ゲージ破壊前はこれが起用理由の6割を占める。

ここで雷巡がMVPを取れるため、1-5でキラ付けした後に攻略するとキラは結構持続する。

2. ボスマスでの潜水艦対策(S勝利狙い)

ゲージ破壊前だとそこまで意味はないものの、S勝利が必要となる任務だと大事になってくるボスマスでの潜水艦対策。

敵の潜水艦はゲージ破壊前後でパターンが異なり、ゲージ破壊前はノーマルヨ級又は出現なし、破壊後は確定でエリヨが出現する。ノーマルヨ級なら縦でも倒せるがエリヨは少し怪しいので複縦陣で。

3. 先制雷撃での駆逐艦狩り

目立たないけど重要な役割。主にボス前とボスマスで大事になってくる。

5-5は戦艦や空母の砲撃火力の高い組をできる限り効率的に動かせるかが鍵となる。

簡単に言うと戦艦の連撃や空母カットインを駆逐に吸われたくない

特に南方棲戦姫+エリレ2のボス編成は随伴を速攻で倒せるか否かで結果が大きく変わるので、航空戦+先制雷撃で駆逐艦は倒し、より多くの攻撃回数をエリレと南方棲戦姫に当てることができるようにしている。

 

戦艦

f:id:Tsu_miki:20190809222645p:plainf:id:Tsu_miki:20190809222659p:plain

よくある装備構成。

武蔵の主砲は色々試したけど試製51cm連装砲2つに落ち着いた。試製が付いてない51cm連装砲はなんかやたら外れる気がする。

まあ自分がよく当てると思う装備構成が一番。

この二人が働いてくれないと色々と困る。

空母

f:id:Tsu_miki:20190809222852p:plainf:id:Tsu_miki:20190809222855p:plain

装甲空母又は赤城改二。

赤城改二を使うことで開幕航空戦を少し強く意識しているけど装甲空母2隻でいいかも。CL2が出るとエリレワンパンも珍しくないので貴重な砲撃戦火力。

夜間空母も考えたけどその場合は旗艦に置きたいし、そうすると今度はネルソンタッチと共存できないので夜間空母にする必要性は今のところ薄い。

航巡

f:id:Tsu_miki:20190809222952p:plain

主砲主砲水偵水戦(+噴進砲改二)

貴重な夜戦火力。彼女が南方にトドメを刺す場面は何度も見た。制空に余裕はあるので水戦は1つ。むしろ索敵の関係で水偵が欲しい。

 

※増設スロット、バルジにするか?機銃にするか?

(某映画のパクry)

空母も戦艦も多いこの海域ではどちらも有用なので悩むことが多いが、最終的には戦艦はバルジ、航巡は機銃(噴進砲改二)、空母は運が高い場合は機銃(噴進砲改二)で運が低い場合はバルジにしている。

雷巡は大北は機銃しか載らない。木曾はバルジも載るけど機銃の方がいい。

 

※9月17日追記

イベント中など警戒陣がある場合は、ボス前を警戒陣でやり過ごすことで道中安定を狙える。その際は以下のように夜戦空母を旗艦において4番目5番目に戦艦を配置するとボスマスでの夜戦火力も確保できる。

f:id:Tsu_miki:20190917224816p:plain

まとめ

元々は道中で余計なダメージを受けずにボス前・ボスマスに到達したいという考えから採用した雷巡入り編成。

半年以上この編成で攻略しているが、道中の安定性とボスでの火力の両立ができていると感じる。

夜戦で北上の†ソナー単発拳†でCL2引いて勝つみたいなことも稀にあり、昼戦夜戦共に火力に申し分ない構成となっている。

 

Z作戦後段にて5-5S勝利が必要となったので、クォータリーついでにでもどうぞ。